マンションの売却サポート

初めての方へ

初めての方が安心して不動産売却できるために必要な3つのポイント

Point1 正しく決断する知識を持つ

不動産を売却するまでに様々な決断をすることになります。
初めてだからといって知識を全く持たず、進めてしまうのはとてもキケンです。でも、初めての不動産売却でそんな専門的な知識を勉強する自信がない…、
どこで教えてくれるの?と不安になるのが当然です。

初めての不動産売却でも、このホームページを読んでいただくだけで最低限の知識を学んでいただけます。

Point2 不動産売却をどう進めるのかを決める

会社選びをするにあたり、まずは売却で何を優先するのかを明確にしましょう。

当社ではお客様のご希望、状況にあった売却方法をじっくりとお聞きし、最善の方法をお選びいただいております。
・とにかく早く物件を売却したい
・とにかく高値で物件を売却したい
悩まれたら、お気軽にお問合わせください。

Point3 売却物件のアピールポイント・マイナスポイントを整理する

購入を検討している方は、売却中の物件そのものだけではなく、ご自身がそこで生活するイメージを含めて周辺の生活環境も含めトータルに検討して判断される傾向があります。物件の魅力を最大限にアピールできるように、改めて売却物件のアピールポイントやマイナスポイント・生活環境を整理しておきましょう。

FLOW

お持ちの不動産売却までの流れ

STEP 1

売却の相談

STEP 2

媒介契約

STEP 3

売却活動

STEP 4

売買契約

STEP 5

引渡し準備

STEP 6

残金受領/引渡し

CONSULTATION

売却の相談

お住まいの売却には法律や税務等の専門的な知識が必要になります。
ご所有不動産の価格査定だけでなく、売却条件や現在の住宅ロ一ンの完済方法、
諸費用や手取り金額の算出等、サポートさせて頂きます。

物件の査定

ご自宅の売却は、ご自宅がいくらで売れるかを調べる価格査定から始まります。
リークスでは、最新の市場動向、近隣の取引事例/売り出し事例・立地条件・建物の状態・住戸の条件(間取り・向き・設備仕様等)等のチェックを行い、適正な売却価格を査定いたします。

売却に必要な費用

CONTRACT

媒介契約について

お住まいのご売却を正式にご依頼いただくには、宅地建物取引業法に基づき、
お客様と弊社の間で『媒介契約」を締結していただく必要があります。
媒介契約の際に、「物件状況報告書」「設備表」のご記入を頂きます。

媒介契約の種類

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

専属専任・専任媒介契約と一般媒介契約の違い

物件状況等報告書・設備表の記入

建物状況調査(インスペクション)

居住用不動産の売却を当社にご依頼頂く際、当社より、建物状況調査(インスペクション)の内容について、お客様に説明するとともに、建物状況調査を希望される方には、調査の斡旋をします。

※法改正により、2018年4月1日から宅建業者はインスペクションの概要と、調査会社のあっせんが可能かの説明をすることが義務付けられました。

ACTIVITIE

売却活動

リークスが不動産情報ネットワーク(レインズ)登録を行い、
幅広く売却募集情報を展開します。

レインズの仕組み

国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムが「レインズ」です。レインズを運用している不動産流通機構に会員登録している不動産会社が、不動産物件情報をレインズに登録する事で、取引関係者がこのシステムより不動産情報を取得し、不動産情報をお探しの多くのお客様に紹介をすることができます。

購入希望者のご案内(内見)

購入希望者から内見のご希望があった場合は、お住まいを実際に見ていただく機会を設定します。購入希望者が見学を希望される日は週末が多いため、予定がある場合は事前に営業担当者にお伝えください。

業務処理状況の報告・アドバイス

CONTRACT

売買契約

購入申込

売却活動の結果、ご興味を持たれたお客様より正式に購入希望となった際には、購入申込書にご記入頂いた書類をご提示し、諸条件の確認・調整をいたします。

購入申込書に記載されている契約条件

契約条件の調整

購入希望者からの希望条件をお伝えし、売主様のご意向をうかがいます。

売買契約

売買代金支払い方法や売主様の物件引き渡し日等の契約条件を調整し、売主・買主様双方が合意頂いた上で売買契約の締結となります。

売買契約の手続きの流れ

売買契約当日は下記の流れで進めます。流れをご理解いただき、売主様の必要書類等をご持参ください。

1.重要事項説明書の読み合わせ
2.売買契約
3.署名・捺印、手付金の受領
4.売買契約の締結完了
契約時に必要なもの
READY

引渡し準備

既存住宅ローン完済と抵当権の抹消

売却物件に住宅ローンの残債がある場合、金融機関の抵当権が設定されていたら、抵当権を抹消する手続きが必要となり、そのためには金融機関との事前手続きが必要となります。手続きには時間がかかりますので、必ず事前に借入先金融機関にお問い合せください。

測量の手配

土地・戸建等の取引の際には必要に応じて測量の手続きが必要になります。これに伴い、費用が発生します。手続き完了までは3ケ月以上かかる場合がありますので、事前に測量の手配をしましょう。リークスへご依頼の場合は営業担当者までご相談ください。

物件の引き渡しの準備

物件の引き渡しと残代金を受領するのと同時に鍵をお渡しします。
その為には引渡しまでにお引越し・公共料金(電気・ガス・水道等)の清算、役所への手続き等を済ませておきます。

引渡し前確認

売主様、買主様の双方が立会いにて、現地の最終確認を行います。家具等がなくなった状態で、買主様に物件とともに付随する設備等を一つ一つ確認し、ご納得いただいた上で引渡しへと進めます。

TRANSFER

残代金受領/引渡し

登記手続き、残代金の受け取り、物件の引渡しを行います。当日はリークスの担当営業が立ち会い、サポートいたします。

決済および引渡し当日の流れ

決済および引渡し当日の流れは、「登記申請の手続き」を行い、「残代金受領・固定資産税等の精算」をして「売却不動産の引渡し」となります。

決済時(残代金の受領時)に必要なもの